もっと見たい方はこちらからどうぞ→         これもね
 
周辺の観光地のページに戻る
トップページに戻る
白樺牧場〜鍬柄山〜鈴ヶ岳

【ダイジェスト版】

平成17年6月19日(日)

                                

前回、赤城村営キャンプ場方面から登頂した鈴ヶ岳を紹介しましたが、今回は、一般的な白樺牧場から挑戦してみました。
6月19日(日)に上毛写真連盟の主催する赤城山撮影会(参加自由)が行われたので、参加してみるのも良いかな?
と思いつつ、朝5時に家を出ました。
家のまわりは霧雨が降っていたのですが、富士見村は霧も晴れて、山頂に近づくにつれ日差しも強くなってきました。
5時50分に白樺牧場の駐車場に到着。一応、撮影会の参加申し込み用紙に名前を書いておきました。
到着するなり、人も車も一杯です。さすがアマチュアカメラマンは朝が早い!!
みんな機材も格好も力が入っているなぁ〜っと思いながら、一人鈴ヶ岳をめざし、山の中へ進行していきました。
6時出発。車道付近の混雑はうそのようです。
最初の上り坂はすぐに終わり、なだらかな登り下りが続きます。
鍬柄山の登りはちょっときついように思いましたが頂上に着いてしまうと物足りないような気がしました。。
ここまできたら、やっぱり鈴ヶ岳まで行かなくてはと思い、鍬柄山を下り始めました。
ここは、かなりの悪路で、急な下り坂でしたので、初心者の私にとって細心の注意を払いました。
帰りはここを登らなければいけないと頭をかすめます。ここはまだシロヤシオが咲き残っていました。
鈴ヶ岳の頂上は今日も視界が悪く、特に赤城村方面の西側はガスが巻いていて何も見えませんでした。残念!
頂上に着いたのは8時45分、何と2時間45分かかりました。ガイドブックは1時間30分のコースです。
あとから登って来た方は、「牧場から55分で着いた」といっていました。
頂上に着いたときは1人しかいませんでしたが、次第に人数が増えてきました。
今回、出会った方々は、高崎、磯部(安中)、宮城(前橋市)、前橋、足利、熊谷、品川、伊勢崎方面から見えたそうです。
忘れてはいけませんでした。6月4日の日に下見に来られていた春日部のハイキングクラブの総勢30余名の方々にも行き会えました。
それでは、また前置きがながーくなりましたが、写真で紹介を始めます。まずはダイジェスト版でどうぞ

全部見たい方は一番上の○数字をクリックして下さい。そのページが出ます。        

0-01 朝、霧の中を5時に出発。日の出は4時30分頃

0-02 竜巻雲?発見!地震が来る?

0-03 霧も晴れてまもなく頂上。走りや対策の路面。

0-04 赤城山撮影会受付場所

0-05 カメラマンで一杯!!!

0-06 でも、とても綺麗でした。

0-07 牧場はレンゲツツジが満開。尾根道は山ツツジが満開。

0-08 新緑も美しい。

0-09 途中で展望が開け、牧場のレンゲツツジが美しい。

0-10 地蔵岳と白樺牧場

0-11 はるぜみの正体

0-12 鍬柄山の頂上

0-13 ドウダンツツジの木も大きいので驚いた。

0-14 シロヤシオも散っていました。

0-15 宮城村から来た方。山頂で日の出を見てきたそうです。

0-16 山ツツジが美しい。

0-17 

0-18 

0-19 

0-20 白樺牧場のレンゲツツジ



順次公開します。しばらくお待ちください。         これもね
 
周辺の観光地のページに戻る
トップページに戻る